ローンの利用において、借入金の可能額がいくらになるのか気になることでしょう。返済できる金額は自分でシミュレーションをすればわかりますが、借入できる金額は金融機関が決めることなのです。キャッシングなどの多目的ローンの場合だと、最終的に年収の3分の1を上限として落ち着くことが多いです。消費者金融は総量規制の対象となり、年収の3分の1を融資できる上限額としています。銀行は総量規制の対象外ですが、借りられる金額は消費者金融と同じくらいと考えてよいでしょう。安全な借入金の可能額については、借り手本人が決めるしかありません。金融機関が融資してくれる可能額が、自分にとって健全とは言い切れないからです。返済能力を把握できるのは借り手本人だけであり、金融機関側は把握ができません。だからこそ借入前に返済シミュレーションをして、返済可能額を知る必要があるのです。

自分で返済できる借入金を設定しないと、あとから苦労することになるでしょう。多目的ローンの利用においては、他社の借入額が審査に影響してきます。キャッシングなどは1件目が最も高額を借りられる可能性が高く、借入件数が増えるほど金額は少なくなります。1件目で50万円なら、2件目は30万円、3件目は20万円といった融資額となるのです。ノンバンクからの借入においては総量規制の対象となり、他社の借入も含めて計算されます。年収450万円だと最高で150万円が借入金の上限となるため、複数社の借入を合算してこの範囲内に抑える必要があるのです。安全にお金を借りるためには、借入可能額のギリギリまで借りるのではなく、余裕をもって返済できる借入金に抑えておくのがよいです。100万円まで借入が可能だから、楽に返済していけるとは限りません。大切なのは借入できる限度額の範囲において、自分が無理なく返済していける金額を借りることなのです。お金を借りたら必ず返済が待っているので、完済までの計画を立ててから希望額を決めてください。