お金を借り入れる場合には、様々な場所から借り入れることも可能になっています。今の時代、日本中どこでもお金を借りる場所があるのではないでしょうか。よほど田舎でない限り、コンビニのATMはありますし、自動支払機なども国道沿いにある場合も少なくありません。その中で消費者金融から借り入れをする場合、どのような特徴があるでしょうか。消費者金融からの借入とは、基本的に額が少ないのが特徴です。借り入れをするときの上限額が金融機関などと比べると低いのです。どの位低いのかといえば、金融機関の限度額は500万円から1000万円ぐらいまでに設定されています。ところが消費者金融の場合は100万円から300万円ぐらいまでの設定になっているのです。これだけの違いがある理由は、総量規制があるからです。

ではこの総量規制とはなんでしょうか。お金を貸す以上は、返済能力を相手に求めます。つまり、相手が借りた分のお金を返済できるだけの能力がなければ、お金を貸し付けはしないということです。その根拠の一つが借り入れをした人の収入になります。借り入れをしたとしても収入が少なければ返済することができません。どれだけ返済すると約束しても、収入があるかないかという客観的な内容で判断をしていきます。ですので、審査をしたからと言って何度もお願いをしても結果は変わらないでしょう。総量規制は年収の3分の1までしか借り入れをすることができないことをいます。年収が300万円であれば、100万円までの借り入れしかすることができません。年収が1000万円の場合でようやく300万円を借り入れすることができるのです。このように考えると、上限が300万円ぐらいで設定されている理由が分かるのではないか。上限が1000万円だとしても年収3000万円以上の人しか借りることができないのです。しかもそういった人はわざわざ消費者金融からお金を借りることはないでしょう。